ひつじ

いろいろ

考えて

眠れぬ夜

ふっと

君の事を

考える

ひとりぼっちで

寝るのは

さびしい・・・

君が

となりに

いてくれたら

いいのに・・・

ふわふわな

君の髪

そっと

なでて

あげたい

ぎゅーと

抱きしめたい

僕を

見つめる

つぶらな瞳

ドキドキが

止まらない

君を

想うと

切なくて・・・

涙が

こみ上げてくる

いつもは

おとなしく

君の事

見守ってるけど

本当の僕は

いつも

君の事で

頭が

いっぱいで

狼みたいに

君をおそいたくなる

僕は

君が

思ってるほど

いい人

なんか

じゃない

嫌われるのが

こわくて

いつも

羊のフリ

してる

君は

本当に

かわいい

純粋な

ひつじさん

真っ白な体

僕の手で

汚すなんて

なんだか

かわいそうで

ためらってしまう・・・

今度

どんな顔して

君に

会ったら

いいんだろう?

羊のままで

いられるか

不安だ

直接

君の顔を見て

僕の気持ち

正直に

伝えよう

「僕は

君の事が

大好きだ」

2人の

ひつじ

いつか

一緒に

スヤスヤ

仲良く

眠れますように・・・

広告を非表示にする