感電事故

朝出社すると常務がすでに来社していた

どんな事故があった場合でも速やかに第一報を全社に発表しなければなら

ないが、その部門は50時間以上たっても回覧を回していなかった事が問題視

されている、常務の口頭での発表になった訳である・・・・・

追加工事であったとしても安全確認を怠った現場代理人の責任は重大であ

る  電気工事会社としては20年間死亡事故が無かった事は良い記録では

ありますが、決して許されるものでは有りません

広告を非表示にする