奈良の猫カフェひなたぼっこへ。

8月16日、17日、18日は半年ぶりに取った連休。

17日は日頃お世話になってるバイトさんに「慰安」をかねて食事会へ。

阪神甲子園のホテルノボテル内、ポモドーロでバイキング。その後、カラオケの予定です。

18日は和泉市の友人達と池田の石道温泉へ行く予定です。

そして今日16日、今週産まれたアカリちゃんとビアンちゃんの赤ちゃんが調子が良く、山羊ミルクを飲ませてるせいか、どんどん大きくなっています。

トイレの掃除と、風邪を引いてる子の世話が終わったのが13時過ぎ。

さて夜まで、何をしよう。

映画にも行きたいし、普段できないことがやりたい。

というわけで、前から行ってみたかった奈良市猫カフェ・ひなたぼっこへ。

友人の開店祝いにも行きたかったのですが、一緒に行ってくれる三男が、そこまで時間が無いとのことでした。

19日にはM’sキャットクラブの定例会があるので、その時に、話が出るでしょう。

甲子園から高速を使って30分ほど。

奈良市内は、近くなりました。

良かった点。

●駐車場があるとのこでした。

しかし専用は2台と隣のコインランドリーの前に止めてくださいとのことでしたが、3台が入っていたため止められず、前の空き地に。

さすがに田舎ですので助かります。

●営業しているか問い合わせの電話をしたとき、奥さんの対応が良かった。

親切そうな暖かい物言いでした。

●店内は「手作り感」満載でいろんな工夫がされていた。

●店内はフローリング。真ん中に丸鋸でやってしまった模様が着いていた。

悪かった点

◯猫おやつを頼みましたが、チュールの袋を破るときこっちに向けてやったので私の上半身に汁がかかった。

もう少し気をつけてほしかった。ウェットティシューもバイオウィルもセラもフリジアも無いらしい。ティッシュを濡らして使おうとすると、アルコールを使えと言われた。

水性の汚れに、油性はだめでしょう〜。

普段の消毒消臭はどうやって居るのやら。

◯一組ずつメニューと猫の紹介を書いたのを渡してくれるのですが、写真は仔猫の時の物なので、今の名前がわからない。

同じような「メーンクーン」(らしい)が3頭居るがどの子がどの子かわからない。

◯ベンチのしたが猫トイレの収納になってるので、臭かった。

◯猫は皆寝ていたが慣れてるのか、全く起きない。

おもちゃでつついても知らん顔。

前をよこぎった子を「つかまえた!」とナデナデしてやると、膝に落ち着いてくれたが毛玉がひどくスリッカーをかけたくなって取りに行ってかけると、いやがる。

猫が喜ぶ柔らかいのではなく、毛がワンタッチでとれるというくそ重たい物。

◯Cafeと行ってるのだから、ドリンクにはもう少しこだわってほしかった。

まあ、これは「猫カフェ」だから仕方が無いのか。

◯店員さんがおきまりのデスクワークしてますよー忙しーですよー。

という感じ。これは初期の頃はやったやり方だな。声をかけても返事してくれない。

◯スリッパは箱に入っててスキなのを使ってくださいという感じ。

1回1回、消毒はされていない。

営業は、奥さんとご主人と娘さんでやってるという感じ。奥さん以外は言葉遣いが乱暴だった。

建物の持ち主で家賃収入があり、人件費も使わず細々という感じで、4年営業してるところはすごいなあと思った。

店内は、5歳ぐらいの子が11頭。

客は皆、ベンチに座らず床に座っていた。

感想:おもちゃやキャットをウォークなど、もう少し、猫の気持ちになってほしい。

そうすればみんな素直な子なので、もっと、店内の雰囲気が良くなるのでは?と思った。